事業内容
ドッグスキャンとは
ドッグスキャンの活用法
ペット関連事業の皆さまへ
ドッグスキャン製品紹介
 
Dog-Scan
 
事業内容
ドッグスキャン
 
お問い合わせ、体験ご希望の方はこちらまで
 
■波動調整

宇宙に存在するすべての物質は素粒子からなり、固有の周波数による振動を持ち、それは私たちの筋肉や臓器にもいえます。そして、その周波数の乱れが身体の不調や病気を引き起こすと考えられています。周波数の乱れた組織へ正常な周波数をあて、本来組織がもつ周波数に調律すれば、心身の自然治癒力が発揮され、身体の調子が整ってきます。

この考えの基にあるのは、最先端の量子物理学です。

心や感情の働きは、肉体のエネルギーが発する振動と強く関係しているというわけです。

〈ニュースキャン SWII〉は、こうしたエネルギーバランスを整えていきます。

 
■ニュースキャン SWII

のぞいてみませんか? あなたの健康の「今」と「未来」

◆あなたはヘッドフォンをするだけ
着衣のまま、血液や尿を採らずに身体の状態をチェックすることが可能です。
今のあなたの生活習慣が、将来どのような影響を身体に与えていくのかを、まさに天気予報のように視覚的に健康予報として捉えることができます。
『成人病』ということばが消え、『生活習慣病』と言われて久しいですが、まさに日々の生活習慣の積み重ねが私たちの身体を作っているのです。自分の身体の傾向、弱点を知ることは将来に向けて備えることが可能です。未病の段階でひょっとして重篤な病からさえも回避することが出来るかも知れません。健康管理は、自己責任の時代です。

 
■未来予想図

さあ、あなたはどちらを選択しますか?

 

病名をつけられるまで待ちますか?

日々の生活を振り返ってみて、なにか気がかりなことってありませんか?
あなたは “食事” “運動” “睡眠” “ストレス” にどの位気を配っているでしょうか?
日本人の人口の3分の2近くが、『生活習慣病』という早期に気づき、改善の努力を重ねれば避けられるこの病で亡くなっています。
不調を感じていながら、日常の忙しさに自分の健康を後回しにしたため、 病名をつけられてから慌てることのないように、ふだんから自分のカラ ダやココロとしっかり向き合う習慣を持ってみては如何でしょう。
 
■波動調整

宇宙に存在するすべての物質は素粒子からなり、固有の周波数による振動を持ち、それは私たちの筋肉や臓器にもいえます。そして、その周波数の乱れが身体の不調や病気を引き起こすと考えられています。周波数の乱れた組織へ正常な周波数をあて、本来組織がもつ周波数に調律すれば、心身の自然治癒力が発揮され、身体の調子が整ってきます。

この考えの基にあるのは、最先端の量子物理学です。

心や感情の働きは、肉体のエネルギーが発する振動と強く関係しているというわけです。

〈ニュースキャン SWII〉は、こうしたエネルギーバランスを整えていきます。

■ニュースキャン SWII

健康診断や人間ドックのような煩雑さは一切ありません。
服を着用したままヘッドフォンを装着、簡単なパソコン操作により全身をスキャン。
約2,000人のドクターとの提携のもと、1,200,000以上の症例データにより
現在の健康状態をチェックし、食事を中心とした最適な生活習慣改善法をアドバイス。

 

 
見逃さない! 予兆と変調
膨大なデータが
潜んでいるリスクファクターを見つけ
未病の段階で
本来の自己回復力・恒常性をサポート
 
臓器や骨など体の各器官はそれぞれ固有の共鳴 する周波数を持っており、弱い電流を放って、細胞の働き(互いの情報伝達)に関係していて 健康な細胞は互いに完璧に情報を伝達します。病気の第一段階はこの情報伝達がうまくいかなくなった状態だと言えます。
   
<ニュースキャンSWU>では、着衣のまま簡単に、そして極めて短時間に、病変する前の未病の段階で身体を総体的にチェックすることが可能で、有益な情報を得る事ができます。
 
■新時代の健康チェック&ケア
人体に悪影響を及ぼす環境(飲料水や食材を含む)の悪化が喧伝されています。誰もが年輪を重ねる毎に健康が気になる機会が増えてくるのではないでしょうか。忙しさに感けて病院や人間ドックに行くことを後回しにしていませんか?

<ニュースキャンSWU>では、簡単に、そして極めて短時間に、細胞が病変する前の未病の段階で身体を総体的にチェックすることが可能で、有益な情報を得ることができます。

人体は、約60兆の細胞で構成されていて、その細胞の一つ一つが本来の活動を行っていれば健康に過ごせる可能性が高くなります。産業革命以降の世界は、多くの利便性や快適性を得た引き換えに、取り返しのつかない環境の悪化を招きました。この環境の悪化が、細胞の本来の活動を妨げている原因のひとつと考えられています。貴方の体を構成している細胞が、いまどんな状態かが分かれば、生活習慣や食事、サプリメント等で改善し未病の段階で改善することが可能となります。

臓器や骨など体の各器官はそれぞれ固有の共鳴する周波数を持っており、弱い電流を放って、細胞の働き(互いの情報伝達)に関係していて、健康な細胞は互いに完璧に情報を伝達します。病気の第一段階は、この情報伝達が上手にいかなくなった状態だといえます。

<ニュースキャンSWU>では、チェックしたい部位の周波数に合わせて1〜10Hzの超低周波音を送り、ヘッドフォンを介して耳小骨を通り、所定の部位に到達します。 細胞が活発化されていないと、到達したパルス信号の戻りが変調となって返っていきます。活発度合は画面上に1〜6段階の評価となって表示されます。

不調の根源だけはでなく、病気の“芽”の段階でリスクファクターを受信者自身が画面上で、確認できることは、健康管理、生活習慣の改善をする有効なきっかけとなります。受信者自身が気づくことにより、免疫力の向上や自然治癒力を高める対策や機会となります。

早期の段階で、各チェック部位がどのような状態にあるのか、それが各器官機能にどういった影響を与えているかを読み取ることが出来ます。また有害物を産生するウイルスや微生物、アレルギーなどの周波も、データベースに記録されているため、より詳細な予測を類推することが可能となります。